首相

    1: 速報ちゃん♪ 2020/09/29(火) 16:40:39.21 ID:yzJ2A/c59
    (パブリックエディターから 新聞と読者のあいだで)政権評価の声、感じ取れたか 山之上玲子

    2020/9/29 5:00
      
     2822日という連続在職の記録を残して、首相が交代しました。辞任の表明から1カ月、国会のまわりでは、連日めまぐるしい動きがありました。でも、後継選びのニュース以上に気になることが私にはありました。

     安倍政権を振り返る多くの記事を朝日新聞は載せました。「1強」といわれた時代を読み解きつつ、経済や外交、教育、コロナ対策を検証し、残された課題を伝えました。

     その報道に対する読者のみなさんのご意見は大きくわかれました。

     「森友・加計や公文書の改ざん問題は解決していない。首相が辞めても追及を続けて」という報道への期待。その一方で、「政権に厳しすぎる」という声も、今回は少なからず届きました。「おごり、緩み、国会軽視といったキーワードが並んでいる。負の遺産をあげつらっている印象」「安定政権のよい面もあったはず」という指摘です。

     新聞社には日ごろから、記事に賛同する声も反対意見も届きます。あらゆる人に好感をもたれる記事というのは、めったにありません。とはいえ、憲政史上最長の政権が幕をおろした節目の報道で、みなさんの受けとめ方がこれほどわかれた理由はどこにあったのか。

     パブリックエディターは、読者と新聞の橋渡し役です。心に引っかかったこの問いに向き合わないわけにはいきません。

         *

     報道にあたる編集局の担当者と、さっそく話し合いました。最前線で取材をする政治部も加わりました。

     話題になったのが、朝日新聞が実施した今月の世論調査です。「安倍首相の7年8カ月の実績をどの程度評価しますか」という問いに、71%の人が「大いに」または「ある程度」評価すると答えました。

     「そんなに高いの?」と問い返す声を、社内で何度か聞きました。

     編集局との意見交換に加わったパブリックエディターは私のほかに3人。うち1人は「71%の衝撃。朝日新聞と国民世論のずれ」と驚きを隠しませんでした。

     「安倍政権はよかった」と7割の人が感じている時に、「問題や課題が浮き彫りになった」という検証記事の指摘は届きにくかったということかもしれません。

     朝日新聞は「批判ありきの新聞」と評されることがあります。そんな意図はもちろんなく、報道機関として必要な指摘をしているとの立場を説明してきました。でも、政権を支持する声と批判する人たちの意見、そのどちらにもきっちりとアンテナを張っていたか。両者のものの見方を十分に咀嚼(そしゃく)できていたか。虚心坦懐(たんかい)に振り返る必要があります。

     伝えることが難しい時代、といわれます。社会の分断が拍車をかけています。異なる意見をもつ人たちが互いに聞く耳を持たず、それぞれの世界に閉じこもっている。その間をつなぐ橋がかからず、現場でもがく記者たちの思いを、政治部の坂尻顕吾部長が明かしてくれました。

     「一生懸命に記事を書いても、社会の一方にいる人たちだけに語りかけている気がしてくる。それを繰り返しても、多くの人には伝わらない。もどかしい」

     時代のせいだけではないでしょう。政局が動いて、忙しくなるにつれ、記者は余裕をなくして、取材対象ばかりを追いかけてはいないか。問題意識が先行するあまり、「どうせいつもの論調だろう」と読み飛ばされてしまうような記事が、いまも残っているのではないか。現場でも反省はある、といいます。

     政治部ではいま、「だれに向かって記事を書くのか。読む人の目線まで意識をするように」と記者に伝えているそうです。

     紙の新聞に加え、デジタル空間にも記事を流す時代です。ニュースの背景を記者が語り、その音声番組をインターネットで届ける。膨大な過去の取材メモをひっくり返し、取材者しか知らない裏話やエピソードを長文のデジタル記事に盛り込んでみる。新聞になじみの薄かった若い世代にも興味をもってもらうことで、新聞の世界が広がっていくのかどうか。現場の模索が続いています。

         *

    以下ソースで

    https://www.asahi.com/articles/DA3S14639024.html

    【【朝日新聞】「安倍首相の実績71%評価の衝撃。朝日新聞と国民世論のずれ」】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/09/26(土) 10:10:26.94 ID:WmyWoLHV9
    菅義偉首相は25日(日本時間26日)に米ニューヨークで開いた国連総会の一般討論演説で、新型コロナウイルスの克服に向けた日本の国際貢献策を表明した。医療・保健分野での1700億円超の対外支援のほか、途上国経済を支える最大5000億円の円借款について説明した。

    事前に収録した演説のビデオ映像を配信した。首相として国際会議の場で外交に関する見解を初めて示した。

    新型コロナは国家の枠を超えて一人ひとりの命を守る「人間の安全保障」の危機だと主張した。多国間主義で協力を深める契機となるよう連帯を呼びかけた。

    治療薬やワクチンを途上国を含む各国に公平に流通させるための全面的な支援を言明した。背景に米国や欧州各国などがワクチン確保に動き、争奪戦の様相を呈していることへの懸念がある。

    日本の国際貢献の取り組みを説いた。医療従事者への技術支援など医療・保健分野で1700億円超の対外支援を実施していると述べた。

    「打撃を受けた経済への対策が不可欠だ」と唱えた。途上国経済を支えるため、2年間で最大5000億円の緊急支援円借款を実施している実績を強調した。

    「困難に直面した時こそイノベーションが生まれる。日本自身も喫緊の課題としてデジタル化に取り組む」と語った。

    新型コロナ対応で中国寄りとの批判がある世界保健機関(WHO)に関し、検証や改革への協力を訴えた。紛争処理制度が機能不全に陥った世界貿易機関(WTO)改革や、各国との経済連携協定を進めると伝えた。

    2021年夏に延期した東京五輪・パラリンピック開催への決意を力説した。「人類が疫病に打ち勝った証しとして開催する決意だ」と話した。

    北朝鮮による日本人拉致問題の解決へ「条件をつけずに金正恩(キム・ジョンウン)委員長と会う用意がある」と明言した。安倍晋三前首相が掲げた「自由で開かれたインド太平洋」構想の推進に言及し、安倍政権の外交姿勢を踏襲した。

    日本経済新聞 2020年9月26日 9:30
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO64289060W0A920C2AM1000?s=5

    【【首相初の国連演説】コロナ医療支援に1700億円、途上国の経済回復 2年で5千億円】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/09/26(土) 11:44:27.57 ID:PUf/NWKq9
    菅義偉首相は、首相補佐官に共同通信論説委員の柿崎明二氏を充てる検討に入った。政府関係者が明らかにした。首相を側近として支える補佐官をマスコミから起用するのは珍しい。

    柿崎氏は首相と同じ秋田出身で、毎日新聞社を経て共同通信社に入社。政治部で長く官邸や自民党、民主党などの取材に当たり、安倍政権に関する著書がある。最近まで民放テレビ番組に多数出演し、首相が勝利した自民党総裁選にもコメントしていた。

    残り:81文字/全文:279文字

    09/26 05:00
    https://www.hokkaido-np.co.jp/article/464166/
    https://static.hokkaido-np.co.jp/image/article/290x290/464/7523014e0e2d5176640f71c1d9b930a2.jpg

    【【菅内閣】首相補佐官に共同通信・柿崎論説委員 政府検討 マスコミからの起用は異例】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/09/17(木) 17:57:34.33 ID:Ev812ruX0 BE:422186189-PLT(12015)
    sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
    自民党の菅義偉総裁(71)は16日午後、国会の首相指名選挙で第99代首相に選出され、同日中に新内閣を発足させる。
    すでに閣僚の顔ぶれを固め、官房長官には元大蔵官僚で行政手腕がある加藤勝信厚労相(64)を起用。
    「役所の縦割り、既得権益、あしき前例主義を打破し、規制改革を進める」という方針のもと、行政改革・規制改革担当相に突破力のある河野太郎防衛相(57)をあてる。

    注目される経済政策では、「携帯電話料金の引き下げ」に執念を燃やすほか、「10万円の特別定額給付金の再支給」も示唆するなど、消費に直接働きかけるメニューが並ぶ。

    1菅氏の規制改革に業界や関係官庁は警戒を強めるが、「スガノミクス」で個人のフトコロは暖かくなるのか。

    https://nowtice.net/news/705631/

    【【速報】菅首相、10万円再給付を示唆】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/09/16(水) 16:17:15.17 ID:n6k6I3XO9
    9月16日に召集された臨時国会で、新首相に選出された菅義偉氏(71)。就任早々スタートする予定なのが、飲食店の支援策「GoToイート」事業だ。
    菅首相が官房長官時代から強力に推し進めてきたGoToイート事業を、菅氏と親密な企業が受注していることが「週刊文春」の取材でわかった。

    その企業とは、レストラン予約サイトを運営する「ぐるなび」(東京都千代田区)。
    GoToイートは「消費者が、(1)購入額の25%を上乗せしたプレミアム付食事券か、
    (2)オンライン飲食予約サイト経由で予約した際に付与されるポイントを利用することで、還元を受けられる仕組み」だが、
    ぐるなびが今回、受注したのは(2)の「オンライン部門」だ。

    経済部記者が解説する。

    「このイート事業には、事務委託費として最大469億円の予算が投じられています。
    このうちオンライン部門の委託費は計61億円。事業者は企画競争入札で選ばれ、18社の応募のうち13社が採択されました」

    中でも、審査委員からの得点が最も高かったのが、ぐるなびだ。
    委託費の配分は「過去、予約者にどれだけポイントを付与してきたかの実績に、ある程度比例する」(農水省GoToEatキャンペーン準備室担当者)ため、
    他の12社と比べても、ぐるなびへの委託費は高額になると見られる。

    実は、ぐるなびの創業者で、現会長の滝久雄氏は菅氏と昵懇の間柄だという。

    菅氏が代表を務める政治団体の収支報告書を遡ると、菅氏が初当選を果たした1996年から2012年にかけて、
    滝氏が会長を務める広告代理店「NKB」などが、菅氏の政治団体「自由民主党神奈川県第二選挙区支部」
    「横浜政経懇話会」に計280万円の寄附をしている。また、総選挙が行われた2000年には神奈川県第二支部からNKBの子会社に、ポスター制作費として58万8000円が支払われている。

    ぐるなびに見解を尋ねると、こう回答した。

    「ご質問のような関わりは一切ございません。イート事業はコロナ禍で困窮する飲食店の救済策と捉えており、
    弊社は具体的に効果のある提案をさせていただいたつもりです」

    一方、菅氏は事務所を通じて、以下のように回答した。

    「『親密な関係が採択に影響した』との事実はありません」

    ぐるなびの筆頭株主は現在、楽天。携帯大手3社に厳しい姿勢で臨んでいる菅首相は、楽天など新興業者の携帯事業参入を後押ししてきたとされ、
    三木谷浩史・楽天社長兼会長とも親交がある。GoToイート事業の受注額は公開されていないが、今後、行政の透明性確保の点からも情報公開が求められることになりそうだ。

    9月17日(木)発売の「週刊文春」では、菅氏とぐるなびの関係をより詳しく報じているほか、
    横浜カジノ計画を巡って関係業者の経営トップから多額の献金を受けてきた問題、菅氏の“最側近”森山裕国対委員長が株式投資で巨額の含み益を得ている事実、
    さらには年内とも囁かれる解散総選挙の行方などについても取り上げている。
    https://bunshun.jp/articles/-/40268

    【【週刊文春】 「GoToイート」事業を受注 「ぐるなび」系会社が菅首相に献金】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/09/14(月) 19:11:08.94 ID:CAP_USER9
    2020/09/14 12:18 リアルライブ
    https://wjn.jp/article/detail/8438584/
    https://pbs.twimg.com/media/EhiB-JlVgAEmam0.jpg

     ギャグ漫画『あさりちゃん』の作者・室山まゆみ氏がツイッター上で行っている政府への批判が、物議を醸している。

     問題となっているのは、室山氏が10日にツイッターに投稿したある画像。主人公・あさりちゃんの姉・タタミちゃんが描かれたイラストで、「どうして首相公選ができないの」と疑問を呈しているというもので、さらに「コロナ禍のさなかに国のトップが突然やめる……って、世界中で日本だけじゃない?」「あげくに国民は出来レースを見せられるのよ」「将来をになう私達子どもがあこがれ、尊敬できるような政治家っていないの?」といった批判がつづられていた。

     しかし、このイラストに対し、ネット上からは「難病での辞任って理解してますか?」「腕が折れてても、雑誌にとっては大事な時期だから漫画続けろって言うのと一緒」「突然やめてません。ちゃんと後任への引継ぎを行って政治的空白を避けようとしてる」といった批判が噴出する事態に。また、「首相公選」の部分には、大統領制との違いや公選のデメリットを指摘する声があった。

     実は室山氏、3月3日には新型コロナウイルス感染拡大防止による臨時休校を要請について、今回と同じくタタミちゃんが「今回のことは要請であってどうするかは地方自治体にまかせる…って責任転嫁もいいとこよ 朝令暮改のそしりをまぬかれないわ」「子供の健康を守るですって?かんじんの子供が困惑してるのがわからないの」と苦言。その際は賛否両論に留まっていたが、今回は安倍首相の難病への軽視にも繋がりかねないこともあり、より批判が集まったようだ。

     漫画のキャラクターを使っての批判ということで、ファンからも「子どもの頃『あさりちゃん』が好きだった思いも汚された感じ」「批判は自由だけどキャラを使わないでほしい」「作品に作者の政治思想乗せないでほしいな」といった残念がる声も多く上がってしまっていた。

    記事内の引用について
    室山まゆみ公式ツイッターより https://twitter.com/asarichan927
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【室山まゆみ『あさりちゃん』キャラが安倍首相批判?「国のトップが突然やめる…」作品ファンからは落胆の声も】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/30(日) 09:35:55.35 ID:QvM44VDU9
     拝啓 安倍晋三さま。昨日の記者会見、拝見しました。失礼ながら7年あまり、あなたの政権について長文記事を書き続けてきた私は、今も悩んでいます。「ご苦労様」と申し上げたい気持ちはやまやまなのですが、本当に苦労をしてきた、あるいはこれから塗炭の苦しみをなめるのは、私たち国民ではないか、という思いを深くしているからです。何のはなむけにもなりませんが、お手紙したためました。【吉井理記/統合デジタル取材センター】

     あれは2013年7月4日のこと。政権復帰して、最初の国政選挙になった参院選の初日、JR池袋駅での演説の一節を、今も覚えています。

     「……景気も良くなって、給料も上がって、ビアガーデンでお父さんが飲むビールのジョッキも1杯にするところを、もう1杯飲もうと。お店も喜ぶ。そうやって好循環が生まれていくんです!」

     金看板の「アベノミクス」を誇る文脈で語られた何の変哲もない一節です。

     アベノミクスが本当に国民生活を潤したのかは後述するとして、持病もあってお酒をあまりたしなまないのに、縁が薄いはずの「ビアガーデン」とか「ビールのジョッキ」などという言葉で、それこそビアガーデンが集まる池袋の聴衆の心をつかもうとする姿に、ある種の「痛ましさ」を感じたのです。

     この時期、… 残り3521文字(全文4056文字)

    毎日新聞2020年8月29日 19時02分(最終更新 8月29日 19時05分)
    https://mainichi.jp/articles/20200829/k00/00m/010/164000c
    https://cdn.mainichi.jp/vol1/2020/08/29/20200829k0000m010167000p/0c8.jpg

    【【毎日新聞】「あなたが残した分断と政策行き詰まりに苦しむのは、私たちです」 安倍首相への手紙】の続きを読む

    このページのトップヘ