限界

    1: 速報ちゃん♪ 2020/10/04(日) 16:59:50.79 ID:CAP_USER9
    竹内結子さん、石原さとみに立ちはだかった…
    人気女優でも「35歳が限界」説


    9月27日に急逝した竹内結子さん(享年40)の周辺を取材していくと、所属事務所とのギクシャクした関係をたびたび耳にするようになった。

    竹内さんは今年1月に第二子を出産したばかりなのに、盛んに担当マネジャーに新しい仕事を催促していたという。
    もちろん彼女が望んだのは女優の仕事だったが、事務所は思い通りの仕事をなかなか取ることが出来なかったといわれる。その最大にネックとなったのが、40歳という年齢だった。

    「彼女がどんな思いで『仕事をしたい!』と担当マネジャーに訴えたのか真意を図りかねますが、もし頭の中で竹内さん自身が20代のときに演じた『あすか』や『白い影』『ムコ殿』の残像があったとしたら、そこでミスマッチが生じてしまった可能性が高い。日本の芸能界は40歳を超えると、どんなに美人でも清純派女優への仕事オファーがガクンと減ります。竹内さんのマネジャーもクライアントの間で板挟みとなって苦しい思いをしたはずです」(芸能プロダクション関係者)


    残酷に聞こえるかもしれないが、事務所がいくら一生懸命売り込んだとしても、現在の竹内さんのポジションは映画『コンフィデンスマンJP』のラン・リウ役のように、エンドロールの上から10番目あたりが精一杯だった。
    「清純派女優35歳限界説」は彼女の演技力や努力とは全く関係がない日本の芸能界の風習と言うほかない。
    今の日本のテレビ界・映画界には40歳の女優をあえて主人公に作品を作ろうと考えるプロデューサー・演出家がほとんどいないのだ。


    実際、この数年の竹内さんの仕事ぶりを改めて確認しても、テレビは年に1本程度、映画も多くて1~2本。
    あとはテレビのバラエティー番組のナレーションの仕事がいくつかあったくらいだ。

    「最近のドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』にしても『イノセント・デイズ』にしても、同年代の女優に比べたら、まだ主演を張れるだけ竹内さんは恵まれています」(前出・芸能プロ関係者)


    ちなみに竹内さんと同じ1980年生まれの女優には田中麗奈、優香、小池栄子、広末涼子、江口のり子、田畑智子がいる。
    映画で主演を張れ、興収も上げられそうな女優をあえて挙げるとすれば広末くらいだろう。


    ■石原さとみは34歳を目の前にして結婚を発表

    「01年にヒットしたハリウッド映画『ブリジット・ジョーンズの日記』で主演を務めたレネー・ゼルウィガーは体重を増やしたり、体当たりで役柄に臨みました。彼女はこの映画で女優の皮を1枚も2枚も剥ぎ、40代でも十分に主演を張れる女優になりました。今のハリウッドは40歳の女優でもコメディーやホラーといったジャンルで特別なプロモーションを仕掛けていくやり方が定着していますが、日本のショービジネスにはこの手法や文化が浸透していません。
    清純派を売りにしていた女優の“賞味期限”は35歳前後とされ、40歳になる頃には使い捨てにされているのが実情です。間もなく34歳の誕生日を迎え、そろそろ“賞味期限”を迎えると見られていた石原さとみも突然、結婚を発表しました」(前出・テレビ関係者)


    だったら、45歳の米倉涼子や52歳の鈴木京香の売れっ子ぶりはどう説明するんだよ? という声も聞こえてくるが、これについては前出のテレビ関係者が次のように説明してくれた。

    「米倉さんや鈴木さんは非常にレアなケースといっていいでしょう。米倉さんの場合は、彼女のキャラクターと『ドクターX~外科医・大門未知子』の脚本がうまい具合に“化学反応”を起こしたことで今があります。こうした成功例は10年に1度あるかないかの例外中の例外。鈴木さんは『セカンドバージン』で濡れ場に挑戦したことで脱皮し、元清純派女優なのにくたびれたオバサン役や母親役も厭わないので次々にオファーが来るのです。これまた例外と言えるでしょう」


    女優デビューから早24年を迎えていた竹内さん。
    元清純派女優が思い描いた夢や希望は何だったのだろうか。
    今となっては知ることも出来ない。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/d4510c1531d31fba9d02b12dad777e1bc45577b0

    【【芸能】竹内結子さん、石原さとみに立ちはだかった…人気女優でも「35歳が限界」説 清純派女優の“賞味期限” 米倉、鈴木はレアケース】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/09/26(土) 12:46:06.02 0
    TV Bros.連載「たちまち、語リンピックせん?」特別編何年も忘れてたことを(何かの拍子 急に)思い出すTV
    https://youtu.be/uXIqDk9jEQc?t=2003



    no title

    no title

    no title

    【Perfume「40歳超えてもパフォーマンスできる」 アイドル25歳限界説とは…】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/18(火) 11:53:39.36 ID:CAP_USER9
    UEFAチャンピオンズリーグでレアル・マドリーがマンチェスター・シティに、アトレティコ・マドリーがRBライプツィヒに、バルセロナがバイエルンに敗れ、スペインである議論が起きている。

     「スペイン勢は、欧州の流れに取り残されていこうとしているのか」

    ■リズムの遅いサッカーは時代遅れ?

     CLの準決勝にスペイン勢が1チームも進めなかったのは、2006-07シーズン以来である。もっとも、負けた側から出てくるこの種の議論は感情的になり過ぎ、結論を急ぎ過ぎるきらいがある。

     例えば07-08シーズン、ベスト4のうち3チームがイングランド勢となり、決勝がマンチェスター・ユナイテッド対チェルシーの顔合わせになった時には、プレミアリーグに流れ込む巨額の放映権料とセットで「イングランドの時代が来る」と言われたものだが、実際はそうならなかった。

     決勝がバイエルン対ドルトムントとなった12-13シーズンには、ブンデスリーガの健全な経営とセットでやはり「ドイツの時代が来る」と言われた。

     さすがにリバプールとトッテナムが決勝で顔合わせた昨季は同じようなことは言われず、今季ベスト4にイングランド勢が皆無なことを考えれば、その慎重な態度は正解だった。

     ただ、国籍ではなく戦術面に注目すれば、スペイン勢のリズムの遅いサッカーは時代遅れになりつつある、という前兆かもしれない。

     リーガでもインテンシティが高く、ボール出しにプレスをかけてくるエイバルやヘタフェ、グラナダ、オサスナのようなチームはあり、増加傾向なのだが、いずれもテクニック不足を補うための手段として使われている。

     Rマドリーやバルセロナ、Aマドリーの3強からすれば、かわしていればいずれ相手は息切れし、最後はクオリティの優位で勝てる、という計算が立つ。

     だが、マンチェスターCやライプツィヒ、バイエルンのようにテクニックがあり、かつ高リズムのチームはない。後ろから繋ぎ、こちらがプレスをかけようすればかわされて自陣に釘付けにされ、こちらがボール出しをしようとすればプレスをかけられ、やはり自陣から出られない。ポゼッションとハイプレスを両立させた戦術に内容で圧倒され、その当然の帰結として敗れたのが今回のCLだった。

     唯一、セビージャがハイテンポのサッカーを実践しているが、90分間続けるわけではないし、勝ったものの押し込まれたUEFAヨーロッパリーグのマンチェスターU戦を見る限り、戦術的な優位に立っているとは言えないだろう。

    ■テクニックの優位も幻想か

     リズムの優位に対抗するものとしてスペインで常に言われているのが、テクニックの優位。つまり、パスを繋いでリズムを落とすことだ。だが、そのテクニックの優位は幻かもしれない。

     プレスにさらされた時のRマドリーやバルセロナのボール出しの拙さはどうだ。プレスは心理的な重圧でもあり、焦って力を出せなかったという面を差し引いても、パスミス、トラップミスの連発には目を覆いたくなった。同時に、それはボール出しがパターンとして確立されていない戦術的な未熟さも明らかにしていた。

     リーガは2強に対抗していくことで強くなっていった。だが、今季と昨季の優勝チームの勝ち点87は、08-07シーズン以来の低水準である。3強以外のチームが力を付けたのかしれないが、3強のレベル低下は否定できないだろう。

     監督交代が必至のバルセロナ、戦術的な行き詰まり感のあるシメオネのAマドリー。タレントにハードワークさせるジダンのRマドリーにしても、戦術的な修正はあっても意識改革という意味合いが強かった。

     新シーズンの3強がどうなるか、欧州カップ戦がどうなるか、ルイス・エンリケ率いる代表も同じように取り残されるのか。注目していきたい。
    no title


    https://www.footballista.jp/news/95446

    【【海外サッカー】欧州CL4強に1チームも進めず。スペイン流のサッカーは限界を迎えたのか】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/18(火) 08:29:57.58 ID:JM6CBNR7M
    no title

    【【速報】三峡ダム、決壊か?】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/03(月) 08:31:07.36 ID:EDmsF8XJ9
    新型コロナウイルスの感染がほぼ第2波に突入しています。終息の兆しが見えない新型コロナ感染症の流行は出産の現場にも大きな影響を与えています。

    厚生労働省は5月末、妊婦さんについては、濃厚接触の機会や症状がなくても希望に応じて新型コロナウイルスのPCR検査を公費負担(無料)で受けられる、
    という通知を都道府県に出しました。本来は症状がある人に限って受けられる検査ですが、妊婦さんの不安を解消するために特例を認めたのです。

    多くの自治体では対象を妊娠後期に限定したり、妊婦さんが十分な説明を受けた上で納得した場合に限ったりして対応しています。

    それはPCR検査の結果の信頼性に限界があるからです。まず検査結果が陰性でも安心はできません。
    結果が示しているのは、検査時点で引っかからなかったという事実だけです。

    感染から間もない場合は検査で陽性にはなりませんし、検査後に感染することもあり得ます。

    何よりも、感染しているのに検査に引っかからない人が相当数います。
    こうしたケースを「偽陰性」といいます。その頻度は20~30%に及ぶと言われています。
    https://mainichi.jp/articles/20200803/ddm/013/070/024000c

    【【コロナ】 PCR検査結果の「偽陰性」? 信頼性に限界、感染しているのに検査に陰性 20~30%は偽陰性】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/01(土) 10:19:09.43 ID:AcAqYLKj9
    新型コロナウイルス感染者急増で、31日に県内病床利用率は100%を突破し限界を超えた。31日に入院・療養先が見つからず、待機せざるを得なかった患者は20人程度。症状のある患者から優先的に入院させているという。県の大城玲子保健医療部長は「収容できない状況に陥っている」と焦燥感を募らせた。

    療養が必要な感染者は31日時点で244人で、県内の病院や軽症者用ホテルの病床(計235床)を超えた。県は来週にも、新たに那覇市内で100床以上のホテルを借り上げるための調整を急いでいる。

    県の警戒レベルの7指標は、「病床利用率」に加えて、31日に「直近1週間の新規感染者の合計」も最終段階の「第4段階(感染まん延期)」に達した。第4段階に入った場合、県の行動例は「スーパーなどへの外出も最大限控えるよう求める」「学校が臨時一斉休校」としている。

    https://oki.ismcdn.jp/mwimgs/3/b/245h/img_3ba9214af14bb79283a616c651f08880327102.jpg
    https://www.okinawatimes.co.jp/mwimgs/3/f/-/img_3f47b74582bab85bde28974aafc120c9209053.jpg

    2020年8月1日 09:45
    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/609827

    【【コロナ】沖縄 コロナ感染者急増、県内病床利用率100%を突破 限界を超える】の続きを読む

    このページのトップヘ