苦手

    1: 速報ちゃん♪ 2020/10/01(木) 05:09:06.12 ID:CAP_USER9
    香里奈、初の水中撮影で“人魚”風に 泳ぎ苦手で不安も「自信へと変わりました」
    10/1(木) 5:00 オリコン
    https://www.oricon.co.jp/news/2173256/full/
    『肌ナチュール』シリーズの公式アンバサダーに起用された香里奈
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title



     女優の香里奈が、炭酸スキンケアブランド『肌ナチュール』シリーズの公式アンバサダーに起用された。

     公開されたキービジュアルは、美しい炭酸の世界感を表現するために、水中での撮影を実施。香里奈は、泳ぎが得意ではないにもかかわらず初の水中撮影に挑戦し、魚のような美しい世界を表現している。

     今回の起用に香里奈は「YELL for Women というコンセプトに共感し、今の生きづらい生活が続く中、私が何か表現することで誰かが、“今日”頑張ってみようと思えたり、“今”を楽しんで生きてみよう等、感じてもらえたらうれしいです」と出演の意図を語った。

     撮影については「水中での撮影は、いつも通り地上での撮影をしているんだと思いながら臨みました。足も重りをしているし、溺れない!と感じた瞬間、不安から自信へと変わりました。水中に潜っての撮影は、息が苦しくなったら一度水から顔を出して、また潜っての繰り返しで、カメラマンの富取さんと息を合わせながら何度も挑戦しました」と説明。

     続けて「新型コロナウイルスの感染対策を徹底しながら、無事に皆で楽しく撮影を終えられてホッとしました。関わって頂いた皆様に感謝しています。ありがとうございました!」と伝えた。

     なお、関係者は「香里奈さんにとって初の水中撮影ということで不安はありましたが、長い時は1分半以上潜り続け、笑顔で何度もトライを繰り返す姿に、現場にいる全員が 感動し一体となった撮影でした」と振り返り、「その結果、期待を遥かに超えるビジュアルが出来上がったと思います。まるで水の中であることを忘れさせるかのような表現によって生まれた、人魚のような香里奈さんと炭酸の心地よさの融合にご注目ください」と呼びかけている。

    (おわり)

    【【芸能】香里奈、初の水中撮影で“人魚”風に 泳ぎ苦手で不安も「自信へと変わりました」】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/09/29(火) 21:29:01.31 ID:CAP_USER9
    芸人として一世を風靡したヒロシがいま、登録者数93万人を超える大人気YouTuberとして再ブレークしている。投稿される動画の内容は、ひとりでキャンプを楽しむ“ソロキャンプ”。ヒロシは、「好きなことをするのに“ひとりはダメ”ってことはない」と語る。そんな“ヒロシ流”の、ひとりを楽しむ極意とは──。

    「ソロキャンプをやっていると、“ひとりではさびしいでしょ”などと言われますが、そんなことはありません。むしろ、他人への忖度がない分、居心地がいい。ひとりがさびしいと思うのは、周りの人の目が気になるからだと思うんです。

     かくいうぼく自身、自分のやりたいことをがまんして周りに合わせなきゃ、という思いにしばられて苦しんだ。苦悩の末に、自分がやりたいことをやれれば、人はどうでもいいと思えるようになり、楽になったんです。なんでも誰かと一緒にやらないといけないと思っていた方が疲れませんか? もちろん仕事では、そうもいかないでしょうが、好きなことをするのにひとりじゃダメってことはないと思います」(ヒロシ・以下同)

     精神的に疲れ、テレビでの仕事を減らしてからは、釣りに行ったりバンドを組んだり、バーを開いたりなど、好きなことをやったという。

    「芸人以外の道で何ができるかわからないので、好きなことを含めていろいろなことに挑戦し、たくさんの種をまいたんです。どれか1つでも芽が出ればいいなと思って」

     ソロキャンプの様子をYouTubeで配信し始めたのも、こういった挑戦のうちの1つだった。

    「ぼくは48才で独身。このままずっとひとりで、孤独死するかも、と思わないこともありません。でもそれも悪くない。逆に、孤独死したらダメという人には何が困るのかと聞きたい。

     家族に囲まれて安らかに死んでいきたい、という人が多いのでしょうが、死ぬ間際に家族がベッドの周りで自分の財産のことで揉めていたら……なんて想像すると、ひとりで死んだ方がマシだと思ってしまいます。まぁ願わくば、若くてきれいなお姉さんに抱きしめられながら逝きたいですけどね」

     そう言って、フッと笑う姿は、かつて自虐ネタでお茶の間を沸かせた頃のままだ。

     人づきあいに嫌気がさしてソロキャンプを始めた彼の周りにはいま、再び人が集まってきている。

    「人づきあいが苦手でソロキャンプを始めたのは確かなんですが、最近、同じ思いのソロキャンパーが集うようになったんです」

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9ff2108cc9fb41433a66221881fbfbbd807a6832
    no title

    【【ヒロシ】人づきあいが嫌でソロキャンプ始めたのに人が集まる】の続きを読む

    このページのトップヘ