成功

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/16(日) 15:38:55.11 ID:LoQcaXoI9
    世界中で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対するワクチンの開発が進められている。米製薬会社ファイザーと独BioNTechが共同開発している新型コロナワクチン「BNT162b1」の第I/II相臨床試験の結果に関する論文が、英科学誌Natureに12日付で掲載されている。

    ■実施された第I/II相臨床試験
    ワクチンなど医薬品が国の関連機関から認可を受けるためには、健康な人を対象とした第I相、少数の患者用の第II相、多数の患者用の第III相という、3つの段階の臨床試験が実施される。ファイザーとBioNTechが開発した新型コロナワクチン候補は今回、第I相と第II相とを同時に行う第I/II相臨床試験が実施されている。

    ファイザーらが開発中のワクチンは、mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンの1種だ。mRNAとして知られる遺伝子のコードに基づいており、新型コロナウイルスと接触した際に免疫反応を促進する。研究グループは、4種類のBNT162 RNAワクチンに対し非臨床試験と臨床試験を実施した。

    第I/II相臨床試験は、18歳から55歳までの健康な被験者45名に対して実施された。 プラセボ対照二重盲検比較試験により、10~30マイクログラムのワクチンないしダミーのワクチンが28日間で2回投与されたという。その結果、BNT162b1ワクチンを投与した人は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から回復した人よりも、1.9~4.6倍もの中和抗体が産生していた。

    ■2020年末までに1000万回投与可能に

    研究グループによると、4種類のワクチン候補のうちBNT 162b2ワクチンはBNT 162b1よりも効果が高かった。発熱や悪寒などの反応が数日確認されたものの、重篤な問題はなかったという。

    今後は、効果の高かったBNT 162b2ワクチンに対し第II/III相臨床試験が実施される。7月末に同臨床試験の認可を受け、18歳から85歳までの3万人の被験者に対し実施されるという。

    研究グループによると、2020年末まで1,000万回分、2021年末には12億回分以上のワクチンが製造可能になるという。開発されたワクチンは中国を除く国に配布される予定だとしている。記事:角野未智

    2020年8月15日 13:07
    https://www.zaikei.co.jp/article/20200815/580773.html

    【【速報】米ファイザーらが開発中の新型コロナワクチン 健康な人への臨床試験に成功】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/04(火) 12:54:05.92 ID:CAP_USER9
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202008040000206.html
    2020年8月4日

    浅香唯(50)が、フィットネスクラブを運営するRIZAP(ライザップ)のボディーメークに挑戦し、約4カ月間で体重8・8キロ、体脂肪率9・6%、ウエスト13・3センチ、それぞれ減少するダイエットに成功した。

    5日から全国でオンエアされる同社の新CMでは、マイクに見立てたしゃもじを握りながら歌う、どこか滑稽なシーンから一変、華やかな衣装に身を包み、晴れやかな表情で歌唱し、美しく引き締まったプロポーションと美貌を披露した。

    浅香は、1985年(昭60)にデビューし、ドラマ「スケバン刑事3 少女忍法帖伝奇」に主演。80年代後半を代表するトップアイドルとなった。今年、デビュー35周年を迎え、50歳になり公私ともに充実した生活を送る一方、さまざまなダイエットを試してきたものの、自己流のダイエットは長続きせず、ことごとく失敗してきた。「これからも輝きたい」「オシャレを楽しみたい」「新しい自分に出会いたい」と一念発起し、ライザップに挑戦。ただ減量するだけでなく、見事に健康的で引き締まった美しい女性へと大変身した。

    浅香は「実は今まで引き締まったカラダになったことないんです。自己流のダイエットをしても長続きせず、ライザップへの挑戦は不安でした。以前から興味はありましたが、敷居が高く感じて、飛び込むのに勇気がいると思っていました」と告白した。

    その上で「だから、迷っている人、第1歩が踏み出せない人の気持ちがすごくよく分かります。今年で50歳を迎えるので、新しいことにチャレンジしたいという思いと、健康の事にも気を配る様になる。そういう意味ではすごく良いタイミングでした。同世代の方で子供もいて、忙しくて自分に時間を割いている暇がないという方に、『私にもできたんだから、できるよ!』と背中を押してあげたいです」と声を大にした。

    そして「今後やりたいことは…私ビキニ着たことないんですよ。娘と2人でビキニ着たいです!」と、2007年(平19)9月に出産した長女との“ビキニデビュー”を誓った。

    ダイエットに成功
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/202008040000206-w1300_0.jpg

    ボディーメークに挑戦する前
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/202008040000206-w1300_1.jpg

    『RIZAP』新CM「浅香唯 アイドル」篇&メイキング
    https://youtu.be/G90UWb52GpI


    【【芸能】浅香唯 ライザップで減量成功!!「ビキニ着たい!」】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/07/29(水) 14:39:10.89 ID:CAP_USER9
    7/29(水) 13:12
    オリコン

    松平健、17キロ減量に成功 体力年齢が20代に「理想の体になった」
    17キロ減量に成功した松平健 (C)ORICON NewS inc.
     俳優の松平健(66)が29日、都内で行われたRIZAPシニア向け新プログラム『ライザップ シニアプログラム』記者発表会に出席。同プログラムを使って、4ヶ月で体重101.6キロから84.5キロ、体脂肪30.7%から22.6%、筋肉率66.2%から73.4%への改善に成功し、体力年齢が20代(※独自の体力年齢推定式を採用)になったことを明らかにした。

    【写真】引き締まったボディで「ライザップサンバ」を披露した松平健

     この日、軽やかなステップで登場した松平は、今回の挑戦について「このままじゃダメだなと思って…。40~50分はウォーキングをしていたんですけどね。立ち回りはひざ・腰は肝心ですが、歳とともに衰えてきたなという実感でした」と説明。「今はすごく体も軽いですね。体重も落ちまして、筋肉も理想の体になった」と声を弾ませた。

     ライザップのプログラムは3月で終了したそうだが「イメージとしては、もっときついかなと思っていたんですけど、マンツーマンでついてくれますからね。自分の体力に合わせて寄り添ってくれる」と感謝。「以降は、運動不足にならないように心がけていました」と白い歯を見せていた。

     イベント終盤には「マツケンサンバ」ならぬ「ライザップサンバ」も披露。「やっぱり軽かったですね」と充実感をにじませながら「家内の協力もありましたので、一緒に喜んでいます」と今回の挑戦に満面の笑みを浮かべた。公式YouTubeチャンネル『マツケンTube』も開設するなど、精力的に活動しているが「YouTubeにマツケンチームというものを創設させてもらいました。新たなものに挑戦していくっていう思いでチャレンジしたい。若い人たちが行っているものに参加したい」と意欲を見せていた。

     同社では、これまでにボディメイクで培ったノウハウと、会員実績14万人のデータや180を超える医療機関との連携、大学との共同研究により、シニア向けの新しい健康増進『ライザップ シニアプログラム』を生み出した。

    https://amd.c.yimg.jp/im_siggGkzkt_NLH0.ye2pVpwO_6g---x640-y501-q90-exp3h-pril/amd/20200729-00000359-oric-000-14-view.jpg
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20200729/2167995_202007290811203001596000020c.jpg
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20200729/2167995_202007290811578001596000020c.jpg
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20200729/2167995_202007290811917001596000020c.jpg
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20200729/2167995_202007290812599001596000020c.jpg
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20200729/2167995_202007290812923001596000020c.jpg
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20200729/2167995_202007290813249001596000020c.jpg
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20200729/2167995_202007290813589001596000020c.jpg

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200729-00000359-oric-ent

    【【速報】松平健「マツケン・イケメン」17キロ減量に成功 体力年齢が20代に「理想の体になった」】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/07/29(水) 07:29:20.61 ID:31lgBHRG0● BE:201615239-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_jien03.gif
     1億年以上前の恐竜時代から海底に眠っていた微生物をよみがえらせることに成功したとする論文が28日、
    英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)で発表された。
    微生物は餌を摂取し、増殖もしたという。

     日本の海洋研究開発機構(JAMSTEC)が率いる研究チームは、1億年以上前に南太平洋(South Pacific)の海底に沈積した堆積物を採集し分析。
    その中から見つかった微生物の培養を試みたところ、ほぼ全ての微生物が復活した。

     論文の筆頭執筆者でJAMSTECの主任研究員、諸野祐樹(Yuki Morono)氏はAFPの取材に対し、海底下の微生物には寿命の限界がないことが分かったと説明。
    微生物は、エネルギー消費量をほぼゼロに抑え、堆積物中に存在する微量の酸素により生き延びたという。

     このエネルギー消費量では地表生物は生き延びることができない。諸野氏は、今回の海底生物がどのように生き残ったかは分からないとしている。

    https://www.afpbb.com/articles/-/3296122

    【【話題】1億年前の微生物をよみがえらせることに成功 餌を摂取し増殖も】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/07/28(火) 11:35:35.15 ID:Wu488gn89
    世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は27日の記者会見で、日本で新型コロナウイルスの感染者が増えている現状に懸念を示しつつも、
    死者数の増加が最小限に抑えられているとして「依然として成功例だ」と称賛した。

    テドロス氏は日本の状況について、
    13日の週に感染者が約3100人だったが死者は3人、20日からの週は感染者が4740人と増えたが、死者は11人だったと指摘。
    「感染者の数ではなく、どれだけの命を救うことができたかが最も重要だ」と強調し、オーストラリアと並んで日本の対応を「模範」と評価した。

    https://www.47news.jp/news/5063236.html

    世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は27日の記者会見で、

    日本で新型コロナウイルスの感染者が増加傾向となっていることについて、
    死者数は低水準に抑えられており、「依然として(抑え込みに)成功している」と評価した。

    テドロス氏は、7月に感染者数は増加したが、
    「死者数は最低限に抑えられている」「最終的に重要なのは感染者の数でなく、命を救うことだ」と強調した。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072700966&g=soc

    関連スレ
    【話題】コロナ国内死者数横ばい、6月以降は、ほとんどの日が1桁かゼロ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1595379176/
    【コロナ】国内死者1001人、4、5月に集中 845人
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1595285962/

    【【コロナ】WHO、日本は死者数が最小限で「依然として成功例だ」「感染者の数ではなく、どれだけの命を救うことができたかが最も重要だ」】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/07/27(月) 21:27:40.93 ID:sRO5eLrb9
    WHO、「日本は依然成功」 感染者増も死者少ない

    世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は27日の記者会見で、日本で新型コロナウイルスの感染者が増加傾向となっていることについて、
    死者数は低水準に抑えられており、「依然として(抑え込みに)成功している」と評価した。

    テドロス氏は、7月に感染者数は増加したが、「死者数は最低限に抑えられている」と指摘。

    「最終的に重要なのは感染者の数でなく、命を救うことだ」と強調した。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072700966&g=soc

    【【コロナ】 WHO、「日本は依然として(抑え込みに)成功している」、感染者増も「死者数は最低限に抑えられている」】の続きを読む

    このページのトップヘ