1: 速報ちゃん♪ 2020/08/11(火) 15:10:27.45 ID:mn/GQON19
9日午前、日本海側の増毛町にある暑寒別岳の登山道でヒグマの目撃が相次ぎました。警察や猟友会のメンバーが現場に駆けつけて登山客20人以上を集団で下山させ、これまでにけがをした人はいないということです。

9日午前10時すぎ、増毛町の暑寒別岳の登山道で下山中だった女性がクマを目撃し、親族らを通じて警察に通報しました。
警察によりますと、通報した女性は登山道の2合目から1合目にさしかかったところでクマを目撃しましたが、その際、クマとの距離はわずか2メートルほどしかなかったということです。
女性は山頂方向に逃げようとルートを引き返していた時にも再びクマを目撃しました。同じクマかどうかは分かっていません。
当時、山中にはこの女性を含めて20人以上の登山客がいましたが、その後、警察や猟友会のメンバーが駆けつけ、集団で下山させました。
これまでにけがをした人はいないということです。
また、登山道ではクマのふんも見つかっているということで、警察と増毛町が注意を呼びかけるとともに、10日以降、入山を許可するかどうか対応を検討しています。

ソース NHK
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20200809/7000023721.html

【【悲報】増毛でヒグマ目撃相次ぐ 登山客は集団で下山 暑寒別岳】の続きを読む