学生

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/21(金) 16:40:24.44 ID:B+1ZR7U69
    https://twitter.com/rkbnews4ch/status/1296712572847026176

    【速報 遺体は九州大学の学生 2日前に九大の池で発見】

    おととい福岡市西区の九州大学で、敷地内の池から男性の遺体が見つかった事故の続報です。
    きょう、遺体の身元が判明し、九州大学の男子学生であることがわかりました。

    詳しくは18時15分からの今日感ニュースでお伝えします。

    no title

    no title

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【速報】九大伊都キャンパスの池から見つかった遺体は九州大学の学生と判明】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/20(木) 01:20:57.86 ID:EF78AnhP9
    ラグビー部の寮で部員53人の新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した天理大(奈良県天理市)の複数の学生が、アルバイト先で解雇を示唆されるなど不当な扱いを受けていることが19日、大学への取材で分かった。

     大学によると、ラグビー部で最初の感染確認が発表された16日以降、部員ではない複数の学生から「バイト先で『やめてくれ』と言われた」などの訴えが相次いでいる。同様の訴えは天理市にも寄せられたという。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/26be733514ce3a8e5d8e6a85c74139c917d1911b

    【【話題】天理大学生がアルバイト先から「やめてくれ」と不当な扱い 複数が訴え】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/19(水) 22:35:44.27 ID:dg0Kyhvn9
    (調査は5~18日)

    立命館大の学部生の2.3%が退学を本格的に考えているとのアンケート結果を、立命館大学新聞が19日、発表した。「どうするか考えている」は7.5%で、退学を視野に入れている学生は計9.8%に上った。休学を視野に考えていると答えた学生は計25.6%いた。新型コロナウイルスの影響で、対面授業や課外活動が制限された上、学費への不満や経済的な不安が大きいことが背景にあるとみられる。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c21f2fa167cbce2bcd68926178db7e898ff90203

    【【悲報】立命大生、1割が退学を視野に 休学は4分の1、学生新聞調査】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/16(日) 20:30:20.52 ID:fsRc+GVB9
    アンケートに答えたら勝手に借金させられていた――。大学生の間でこんな被害が相次いでいる。アンケートの個人情報を基に無断で消費者金融のアプリに登録され、借り入れ契約が結ばれる。学生には後日、高額の返済請求が届き、金は第三者の手にわたっていた。
    福岡県内の大学構内で1月、男子学生が男から声をかけられた。「アンケートに答えるだけで3千円差し上げます」。学生は友人らと学生食堂で質問に答え、アルバイト代として現金2千円を受け取った。男は「さらに千円を振り込む」と言って銀行口座番号や暗証番号、携帯電話番号を聞き出し、運転免許証を見せるよう求めた。

    その後、不審に思った学生が男の連絡先に電話すると、つながったのは消費者金融。学生の名義で30万円の借り入れ契約が結ばれていたことが発覚し、30万円は第三者の手に渡っていた。

    福岡県や佐賀県で1月ごろから同様の不正契約被害が相次ぎ確認されている。悪用されたのは消費者金融が提供するスマホアプリを使った借り入れサービスだ。アプリに口座番号や本人確認ができる運転免許証の画像などを入力すると、店舗訪問や対面でのやりとりをせずに融資が受けられる。
    最短1時間ほどで現金が口座に振り込まれ、コンビニのATMなどから借入金を引き出せるのが特徴で、大手消費者金融が2017年ごろから始めた。各社はカードレスや短時間での審査・融資完了などをうたう。ある大手消費者金融の担当者は「対面での審査はないが、不正防止のため電話などで契約者と直接確認する機会を設けている」と話す。

    国民生活センターによると、両県では1月以降、20件以上の被害相談があった。1月下旬には佐賀県警が大学内でのアンケートで入手した個人情報を使い、佐賀市の金融機関のATMから30万円を引き出したとして、福岡市の派遣社員の男(33)を窃盗容疑で逮捕した。

    事件を受け、この大手消費者金融では「社内で犯行の手口を共有し、本人確認時の通話時間を長くするなどして、不審な言動があれば契約を見送るようにした」(担当者)という。

    福岡県の弁護士らは2月、「アンケートモニター詐欺被害弁護団」を結成し被害の実態を検証している。弁護団や国民生活センターなどによると、男の逮捕以降、被害は確認されていない。佐賀県警は単独犯とみているが、関係者は模倣犯の出現を警戒している。

    弁護団の鳥井玲子団長は「アンケートという手口でなくても口座番号や免許証の画像があれば、第三者が簡単に金を借りられる」と指摘し、模倣犯の発生を懸念する。また「審査時に実店舗への来店を促したり、発行するカードや書類を自宅に郵送して本人確認したりするなど抑止策を講じるべきだ」とし、利便性を優先した融資の仕組みの見直しを訴える。

    国民生活センターは1月、ホームページで被害事例を紹介し、対策を呼びかけた。担当者は「第三者に対し、安易に免許証画像や口座番号を提供するのは危険な行為だ」と話している。

    2020年8月16日 2:00 (2020年8月16日 20:01 更新)
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO62633810U0A810C2SHJ000?n_cid=SNSTW001&s=4

    【【悲報】 特殊詐欺 「謝礼3000円」実は借金アンケート 学生が高額請求被害…】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/10(月) 10:42:46.69 ID:0wv7z8219
    <国際統計では給付型「スカラシップ」と貸与型「学生ローン」は明確に分けられているが、日本では両方とも「奨学金」と呼ぶことで誤解を生んでいる>
    2019年春の大学入学者は63万人。同世代の半分が大学に行く時代だが、これだけの若者を受け入れる大学は、いわゆる入試難易度によって階層化されている。進学希望者のほぼ全員が入学できる大学全入時代に伴う諸問題は、こうした階層構造の下の方の大学に集約(凝縮)されている。
    筆者は入試難易度が「中の下~下」の私大で10年間教えたが、このレベルの私大だと「ひとまず大学を出ておいたらどうか」と背中を押され、それほど勉強しなくても入れるからと、何となく入ってきた学生が大半だ。家計に余裕のない学生が多く、「学費が高い」という声をよく聞いた。

    長時間のアルバイトをし、なおかつ奨学金もフルに借りて必死で学費を賄っている学生も少なくない。親には全く頼れないと、1種奨学金(月4万円)と2種奨学金のマックス(12万円)をダブルで借りている学生もいた。4年間の借入総額は768万円。今の稼ぎがどれほどかは知らないが、月に3~4万円を辛い思いをして返しているのだろう。こうした返済ができず、奨学金破産に陥る人もいる。

    周知のことだが日本の奨学金は名ばかりで、実質は返済義務のあるローンだ。しかし学生の間では必ずしも周知されておらず、「奨学金って返すんですか? 全部親が手続きしたんで知りませんでした」と、真顔で驚く学生に出会ったことがある。申請書類には借金である旨が明記されているが、手続きを親任せにしてそれを目にしない学生もいるようだ。

    国際統計は正直
    全文は以下ソース
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/08/post-94109_1.php

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1597018706/
    1が立った時間 2020/08/10 09:18

    【【社会】日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」と呼ぶのをやめるべき・・・】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/07/30(木) 10:20:29.19 ID:Ui5aCHNS9
    このコラムでは、産婦人科医の立場で、みなさんに知っておいてもらいたい体と性の話をつづっています。
    今回は、若いみなさんの避妊法選択をいま一度考えてもらうためのお話です。

    わが国は、世界中どこの国にも見られないほどの「コンドーム大国」です。その理由は何かと尋ねられても明快な回答はありません。
    国連が発表している「避妊法選択2019」は、15~49歳の生殖可能年齢女性の避妊法普及率をまとめたものですが(表1)、

    これを見ただけでも、わが国におけるコンドーム普及率が異常に高く、
    女性が主体的に取り組める避妊法であるピル(経口避妊薬)がいかに低いかがおわかりいただけるでしょう。
    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20200727002047_comm.jpg

    2016年に筆者が実施した全国調査「第8回男女の生活と意識に関する調査」では、「選択肢は二つまで」との条件を付けていますが、
    実に、女性の82・0%が「コンドーム」をトップに挙げ、次いで「腟(ちつ)外射精」19・5%という結果でした。

    このような避妊法選択の傾向は、若い世代でも同様です。「避妊を実行している」高校生・大学生が選択した避妊法について
    日本性教育協会が全国的な調査を実施しています(表2)。
    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20200728002195_comm.jpg

    これによれば、高校生・大学生の男女ともに第1位は「コンドーム」で9割を超え、次いで「腟外射精」となっています。

    図1は、10代で人工妊娠中絶手術を受けた女性に「今回妊娠したとき避妊はしていたか」について問いかけたもので、
    腟外射精(24・4%)とコンドーム(19・0%)が大部分を占めるという結果でした。

    妊娠した10代の女性は、避妊をしていたと回答しているのです。残念ながら、「ピルを飲んでいた」との回答はありませんでした。
    「正しい使い方ができなかったからじゃないですか」という読者の声が聞こえてきますが、そうでしょうか。

    妊娠は女性だけが引き受けることを認識していたら、腟外射精やコンドームというように、避妊を男性任せにすることに無理があるのです。

    参考までに、フランス人女性が年齢によって、どのような避妊法を選択しているのかを紹介しましょう。
    フランスの研究チームが2010年に実施した調査によれば、15~17歳は、「コンドーム」が「ピルのみ」を超えていますが、
    18~19歳になると、「ピルのみ」が5割を超え、「ピル+コンドーム」を加えると8割近くとなっています。

    30歳を超えると、「IUD(子宮内避妊具)/IUS(子宮内避妊システム)」が増えていきますが、これらは産み終え世代の避妊法としてとても有効だからです。
    日本人のように、老若男女を問わず、性交頻度や妊娠を受容できる、できないに関わらず、コンドームと腟外射精が選択されることは世界的には珍しいことなのです。


    若い世代に勧めたいピル


    ピルは、避妊法としての安全性、有効性が認められていることもあって、若い世代に最も推奨されるべき避妊法であるといえます(表4)。
    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20200727002052_comm.jpg

    セックスの際に使用するコンドームを否定するわけではありません。100%確実な避妊法がない以上、自分にとって何が優先順位の上位にあるかを常に考えなければなりません。
    その際、妊娠が女性にしか起こり得ない以上、避妊については、女性が主体的に取り組める方法、特に若い女性ではピルを最優先すべきではないでしょうか。

    しかし、ピルではAIDSを含む性感染症を防ぐことができません。そのためにはコンドームの使用が絶対に必要になるのです。
    先進国では、これをデュアルプロテクション(二重防御法)と言っています。すなわち、計画していない妊娠を防止するにはピルを、
    性感染症予防にはコンドームをという考え方です。

    避妊法としてコンドームの使用にそれでもこだわるのであれば、緊急避妊薬の存在を忘れないでください。
    避妊しなかった、避妊できなかった、避妊に失敗した、時にはレイプされたなどに際して、72時間以内にできるだけ速やかにレボノルゲストレル単剤(1・5ミリグラム)を1錠服用する方法です。
    https://www.asahi.com/articles/ASN7W5T84N7PUBQU004.html

    【【話題】 日本人が好むコンドーム 避妊法として適当か・・・若い世代に勧めたいピル (経口避妊薬)】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/07/28(火) 07:06:32.65 ID:UKgKyBga9
    交際していた20歳の女子大学生を引きずったり、転倒させたりしてケガをさせたとして、20歳の大学生の男が逮捕されました。

     暴行と傷害の疑いで逮捕されたのは、北海道江別市に住む20歳の大学生の男です。

     男は2019年10月ごろと12月ごろ、交際していた20歳の女子大学生の共同住宅の部屋で、服の襟をつかんで引きずり回したほか、2020年4月ごろには路上で背中を押して転倒させ、腕や腰、足に打撲のケガを負わせたなどの疑いが持たれています。

     女子大学生が警察に通報し、事件が発覚しました。

     警察によりますと、女子大学生は男から「他の男と仲良くしているんじゃないか?」などと言われて暴行されたり、別れ話をめぐり暴行されたなどと話しているということです。

    https://www.uhb.jp/news/single.html?id=13909

    【【悲報】「他の男と仲良くしているんじゃないか?」交際女性襟つかみ引きずり回す暴行も…20歳大学生逮捕】の続きを読む

    このページのトップヘ