増毛

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/11(火) 15:10:27.45 ID:mn/GQON19
    9日午前、日本海側の増毛町にある暑寒別岳の登山道でヒグマの目撃が相次ぎました。警察や猟友会のメンバーが現場に駆けつけて登山客20人以上を集団で下山させ、これまでにけがをした人はいないということです。

    9日午前10時すぎ、増毛町の暑寒別岳の登山道で下山中だった女性がクマを目撃し、親族らを通じて警察に通報しました。
    警察によりますと、通報した女性は登山道の2合目から1合目にさしかかったところでクマを目撃しましたが、その際、クマとの距離はわずか2メートルほどしかなかったということです。
    女性は山頂方向に逃げようとルートを引き返していた時にも再びクマを目撃しました。同じクマかどうかは分かっていません。
    当時、山中にはこの女性を含めて20人以上の登山客がいましたが、その後、警察や猟友会のメンバーが駆けつけ、集団で下山させました。
    これまでにけがをした人はいないということです。
    また、登山道ではクマのふんも見つかっているということで、警察と増毛町が注意を呼びかけるとともに、10日以降、入山を許可するかどうか対応を検討しています。

    ソース NHK
    https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20200809/7000023721.html

    【【悲報】増毛でヒグマ目撃相次ぐ 登山客は集団で下山 暑寒別岳】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/03(月) 22:54:13.31 ID:1A/YOXHP9
    科学者だって髪が大切なことを良く知っている。様々なアプローチで、神の一手(髪の一手)となりうる方法を模索し続けている。

     今回、ノースカロライナ州立大学(アメリカ)の研究グループによって、髪の再生をうながすと考えられるマイクロRNA(miRNA)が特定されたそうだ。

     これを利用することで、クリームやローションのような新しい発毛剤を開発できるかもしれないという。

    【発毛に欠かせない皮膚乳頭細胞】

     髪が発毛するには、毛包の成長サイクルを調整する「皮膚乳頭細胞」が健康でなければならない。だから、この細胞が不健康なまま発毛剤を使ったり、外科的に植毛したりしても、それほどの効果は得られない。

     最近の研究によると、じつはハゲてしまった部位でも毛包が消滅してしまうようなことはなく、ただ縮小しているだけなのだという。

     だから、もし皮膚乳頭細胞を元気にすることさえできれば、毛包を復活させ、発毛も期待できると考えられる。

    【90%の範囲で発毛促進】

     今回、チャン・クゥ氏らが行ったのは、皮膚乳頭細胞を2次元環境ならびに3次元スフェロイド環境で培養し、それをマウスに処方するという実験だ。

     「スフェロイド」とは、三次元の細胞構造のことで、細胞に備わった自然な微環境を再現することができる。

     培養細胞を移植した部位を観察してみると、3次元スフェロイド細胞を与えられた部分では15日で90%の範囲で発毛が見られたという。

     「最良の結果が得られたのは、ケラチンの足場に組み込んだ三次元スフェロイド細胞でした。スフェロイドは髪の毛の微環境を再現し、ケラチンの足場は発毛に必要なアンカーとして作用します」と、チャン氏は説明する。

    【発毛プロセスを制御するmiRNA】

     研究グループは、皮膚乳頭細胞が毛包の成長プロセスを制御する方法も調べている。そのために皮膚乳頭細胞のエクソソームmiRNAが分析された。

     「エクソソーム(小胞)」とは細胞によって分泌される顆粒状の物質のことで、細胞同士がコミュニケーションを図るさいに重要な役割をはたすものだ。そして、この中にはmiRNAという遺伝子の発現を調節する分子が含まれている。

     研究グループが皮膚乳頭細胞の中のエクソソームmiRNAを調べたところ、「miR-218-5p」というmiRNAが、毛包の成長をうながす分子経路を強化していることが判明した。

     miR-218-5pが増えれば毛包の成長が促進されるし、反対にその機能を阻害してしまえば成長しなくなるのだ。

    【髪を復活させる神の一手となるか――細胞治療とmiRNA治療】

    チャン氏によると、スフェロイドとして培養した皮膚乳頭細胞による細胞治療がハゲに効くかもしれないという。ただし、こちらの方法では、そうした細胞を成長させたうえで、ハゲた部位に移植せねばならず、かなりの手間がかかる。

     一方、miRNAならば分子ベースの薬剤に混ぜて利用することができる。したがって可能性としては、頭皮に塗布して使うクリームやローションの開発が考えられるようだ。チャン氏は、今後はこうしたmiRNAによる発毛促進を研究したいと話している。(以下ソースで)

    ソース カラパプア
    https://www.excite.co.jp/news/article/Karapaia_52293338/

    【【話題・速報】発毛に革命か? 発毛に有望なマイクロRNAが米国で特定される 】の続きを読む

    このページのトップヘ