リモート

    1: 速報ちゃん♪ 2020/09/22(火) 17:47:07.46 ID:CAP_USER
    コロナ禍に伴う生活様式の変化がコーヒー豆相場にも表れてきた。巣ごもりでインスタントコーヒーの消費が増え、原料のロブスタ種が1年半ぶりの高値に上昇した。
    一方、レギュラーコーヒー用のアラビカ種はカフェの休業などが響き上昇力が鈍い。日本の豆輸入もベトナムがブラジルを初めて抜くなどロブスタ種が存在感を増している。

    続きはソース元で
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54737520T20C20A1QM8000/

    【【食品】コーヒー、インスタントが存在感 巣ごもり消費で相場高 ロブスタ種の消費増 輸入先、ベトナム初の首位】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/09/14(月) 20:54:57.99 ID:0S5Yyo939
    新型コロナウイルスの影響で、今も多くの大学で通常の授業が行えずキャンパスはひっそりとしています。そんな中、「大学に通えないのに学費が変わらないのは納得できない」という声が学生らからあがっています。

    「授業の質が学費に見合っていない」学費に疑問

    関西学院大学・教育学部4年、江頭翔太朗さん(23)。教育学部生の江頭さんが必修科目「図画工作」の課題作品としてつくったものを撮った写真には、マンガがツリー状に積まれていました。

    (関西学院大学4年 江頭翔太朗さん)
    「テーマが『積み重ねる』。いろんなものを何でもいいから積み重ねると。積み重ねるものってこれ(漫画)しかないとなって…」


    大学は対面の授業を中止しているため、自宅でマンガを積んで、その写真を提出したというのですが…。

    (関西学院大学4年 江頭翔太朗さん)
    「1人で淡々とこれを積んでいるとなると、ふとした瞬間に『何してるんやろう』みたいな時はありましたね。学校に行けないことが、こんなにストレスだとは思わなかった。僕自身も。」

    関西学院大学の学生新聞の取材を受ける江頭翔太朗さん

    この日、久しぶりに大学へ行きました。といっても、もちろん授業ではなく、学生新聞の取材を受けるためです。

    (江頭翔太朗さん)
    「学費の減額と春学期の一部返金を求めようかと思っている。」

    取材のテーマは学費についてです。江頭さんは「コロナ禍で大学の授業の質が学費に見合っていない」として、インターネット上で署名活動を行っているのです。

    (学生新聞の記者)
    「学生に、授業がどうだったかというアンケートをされていたと思いますが、署名と同時に始められた?」
    (江頭さん)
    「そうですね。いろいろ授業料にふさわしかったのかを聞いたのですが、ほとんどの学生が『いいえ』だった。」

    江頭さんが実施したアンケート調査

    江頭さんが関西学院大学の学生や保護者を対象に行ったアンケート結果です。「コロナ禍での授業形態は学費にふさわしかったか」という質問に対し、「はい」と答えた学生はわずか4%でした。

    【アンケートに寄せられた声より 一部抜粋】
    『施設は利用していないのに、施設料を取られるのはちょっと。』
    『課題だけであの授業料は高額すぎる』
    『家賃も支払い、学費も支払い、通えない…』

    江頭さんの場合、現在の年間の学費は「授業料」と「施設利用料」あわせて約120万円。今年4月以降、新型コロナウイルスのため授業は全てパソコンで講義を聞いたり課題を提出したりする「オンライン授業」となりました。さらに、図書館などの施設の利用も禁止となり、通常の学費は割に合わないと主張しています。

    (江頭翔太朗さん)
    「教育学部なので、体育だったら体を動かしたりとか、図工だったら美術室に行って作品を作りましょうとか、そういうことが(コロナで)一切できなくなってしまったので、今は。」(以下ソースで)

    9/14(月) 15:58配信 MBSニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/51e5db5b7685ec84cc7c5b491254af26df5c8d3d

    【【新型コロナ】「大学に通えないのに学費が変わらないのは納得できない」 学生から不満の声】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/02/17(月) 06:08:15.85 ID:CAP_USER
    新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、NTTは17日からグループで働くおよそ20万人の従業員にテレワークや時差出勤を呼びかけます。また、中国で勤務している日本人の社員やその家族も、今後帰国させることにしています。

    NTTは、新型コロナウイルスの感染の拡大が続いていることから、NTT東日本や西日本、それにNTTドコモなどグループ各社に対して、17日から順次、テレワークや時差出勤を呼びかけます。

    NTTのグループ全体の従業員数はおよそ20万人にのぼります。もともとテレワークや時差出勤に取り組んでいますが、積極的な活用を改めて呼びかけることで感染の防止につなげる考えです。

    また、人が集まる会議も自粛し、できるかぎりテレビ会議や電話会議にするよう促すことにしています。

    さらに、各社の拠点がある上海や北京など中国全土で勤務している日本人の社員やその家族も、今後、帰国させる対応をとるということです。

    新型コロナウイルスをめぐっては、ヤフーが全従業員に対して時差出勤を呼びかけるなど、感染が広がる中、各社が対応を迫られています。
    2020年2月17日 4時10分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200217/k10012288351000.html

    【【コロナ】NTT 従業員約20万人にテレワーク・時差出勤を呼びかけへ】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/08(土) 06:08:10.33 ID:CAP_USER
    Zホールディングス傘下のヤフーは、95%程度の社員が自宅などの社外で働く「ほぼ完全テレワーク」を10月から恒久的に導入する。新型コロナウイルス対策で2月から同様の働き方に移行したところ、「生産性が向上した」という社員が増えた。通勤が不要となり、空いた時間を家族と過ごしたり、趣味や自己啓発にあてたりと、社員の満足度も上がっている。

    ■時間・場所の制約なくす

    「場所や時間の制約を取り払い、高いパフォー…
    2020/8/8 2:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62454390X00C20A8XXA000/

    【【話題】ヤフー、社員7000人の95%テレワーク体制に】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/07/11(土) 13:04:23.75 ID:CAP_USER
    緊急事態宣言の解除後もテレワークを社内制度として継続する企業が相次いでいる。象徴的なのが富士通だ。2020年7月6日、国内グループの社員約8万人の勤務形態を基本としてテレワークにする方針を発表した。

     一般にテレワークの推進は歓迎すべきだと思うが、懸念もある。それはテレワークによって雑談が減ることだ。

     記者は2020年春、ITベンダーのマネジャーやリーダークラス約10人にテレワークでのチームマネジメントについて取材した。その際、マネジャーやリーダーたちは異口同音に「テレワークでは何も手を打たないと雑談が生まれない」と訴えた。

     雑談がなくなるのは、テレワークを実施する多くの読者が実感しているのではないか。Web会議やテキストチャットなどのコラボレーションツールがあっても、それらは基本的に報告・連絡・相談の用件があったときに使う。雑談のためにわざわざWeb会議で誰かを呼び出したり、テキストチャットでメッセージを送ったりするのは気が引けるものだ。

     テレワークでも報告・連絡・相談のついでに雑談をする機会はあるが、なかなか機能しない。事前に相手の様子が分からないこともあり、報告・連絡・相談ですら仕事の邪魔にならないように配慮して簡潔に済ませようとするからだ。

     「テレワークではコミュニケーションが淡泊になる」。こう表現した開発チームのリーダーもいた。一人ひとりが必要最小限の情報だけを他のメンバーとやり取りし、黙々と自分の担当タスクに集中するとの意味だ。

    アイデアの醸成に雑談は不可欠
     ここで「担当タスクに集中する」のは良いことだと思うかもしれない。実際にテレワークの利点として生産性向上を挙げるリーダーもいた。通勤時間が不要になることに加え、雑談が減ることもその要因の1つだろう。

     しかしITの現場の仕事は決められた作業だけではない。むしろ中心となるのは、システムや開発・運用の方法を日々改善するという創造的な仕事だ。その際に重要なのは改善のアイデアである。チーム内で「システム基盤をこう変えた方がいい」「ユーザーヒアリングの方法を変更しよう」といった改善のアイデアを出し合い、トライ・アンド・エラーを繰り返す。そのアイデアの醸成に雑談が欠かせない。
    以下ソース
    https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00138/070700583/

    【【社会】テレワークで激減した「雑談」、放置すれば改善アイデアが生まれない】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/20(木) 10:55:47.35 ID:CAP_USER
    人材サービス大手アデコ(東京・千代田)グループが実施したIT(情報技術)エンジニアを対象とした調査によると、テレワーク経験者の約8割が今後もテレワークの継続を希望していることがわかった。新型コロナウイルスの影響による働く環境の変化で、個人の力を高め自ら解決する能力を身につけたいと考える人が増えるなど就業観にも変化がみられた。

    調査はアデコ傘下で技術者派遣のVSNが実施した。調査名は「コロナ禍における働き方に関する意識調査」で、7月21~23日にインターネットで実施。正社員のITエンジニア男女1000人から回答を得た。

    「今後もテレワークを実施したいか」との質問について、政府の緊急事態宣言発令中における1週間あたりのテレワーク実施日数別に集計したところ、週1日以上テレワークを実施した人は75%が継続を望んだ。一方、週1日未満の人で継続を希望する割合は20%にとどまった。

    テレワークのメリットについて聞いたところ、最多は「通勤しなくて良い」(65%)だった。次いで「時間配分の自由度が高くなる」(25%)、「プライベートの時間が増える」(24%)、「人間関係の煩わしさがない」(20%)と続いた。

    働きたい場所は「国内の好きな場所」(43%)が最多。続いて「必要な時以外は会社以外の場所」(34%)、「自宅」(同)の順に高く、いずれも「決まったオフィス」(20%)を上回った。

    エンジニアが技術力以外に習得する必要のある能力については、新型コロナの流行前後で大きく変化した。自ら課題を見つけ解決策を提案できる「コンサルティング能力」に関してはコロナの流行前は27%だったが、流行後は6ポイント増の33%に高まった。一方で「人材育成・マネジメント能力」は4ポイント低下の17%となった。

    テレワークにより働く環境は大きく変わった。共同で調査した法政大キャリアデザイン学部の田中研之輔教授は「重視する能力が集団調整型のコーディネーション能力から、個人成果型のセルフパフォーマンス能力へ移行しているのではないか」と分析している。
    2020/8/20 10:47
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62833160Q0A820C2000000/

    【【IT】IT技術者、テレワーク経験者8割が継続希望 民間調査】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/14(金) 05:32:13.43 ID:CAP_USER
    「なぜLINEのようなサービスを生み出せなかったのか」。コロナ下で一段と市民権を得た対話アプリを前に、NTTの研究部門トップの常務執行役員、川添雄彦は今も自問自答する。

    NTTは1987年の上場直後、時価総額で世界一だったが今では50位以内にも入らない。世界で初めて携帯電話を使ったネットサービスを生んだNTTドコモも停滞し、投資家は革新的な事業を始める機運が乏しいとみてきた。「NTTを変えるきっ…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62100510Q0A730C2I00000/

    【【ビジネス】「LINE生み出せなかった」NTT、在宅7割の決意】の続きを読む

    このページのトップヘ