ツイッター

    1: 速報ちゃん♪ 2020/09/27(日) 20:00:39.95 ID:CpeccgvB0● BE:632443795-2BP(10000)
    sssp://img.5ch.net/ico/gikog_pimiento.gif
    要潤
    @kanamescafe
    自己肯定感を高めましょう。自分だけの価値、周りからの必要性を感じる。今はぼんやりとしか見えないかもしれませんが、その輪郭を捉えられるだけで充分です。すでに自分の価値がそこにあります。大丈夫、今僕ともこうして繋がってる瞬間があります。
    https://twitter.com/kanamescafe/status/1310039169100476417?s=21
    no title

    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【悲報】要潤さんのツイッター様子がおかしい】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/09/27(日) 18:19:23.38 ID:CAP_USER9
    高樹 沙耶
    @ikuemiroku
    お酒は怖いドラック、
    引用ツイート

    午後3:43 · 2020年9月27日·Twitter for iPhone

    https://twitter.com/ikuemiroku/status/1310107751444393984?s=21
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【元女優】#高樹沙耶「お酒は怖いドラック」】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/09/21(月) 03:19:25.23 ID:+okXQwRl0● BE:878898748-PLT(16000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    青汁王子こと三崎優太さんが9月21日頃の1時半過ぎ頃から自殺を仄めかすツイートを行っている。

    最初の投稿は三崎優太さんが10月に発売する書籍がアマゾンランキングで1位になったことに言及し
    「1年前は犯罪者って馬鹿にされてゴキブリみたいな扱いでさ、悔しかった死にたかった。汚い大人達はまだ笑うかもしれない、
    でもそんな自分が本を出せて、1位になれた。これまでの辛い気持ちがさ、涙に変わるんだ。
    みんなに感謝してもしきれない、本当にありがとう」という内容のツイート。

    約30分後の2時12分には音声付きで「これが僕の最後のメッセージです。本当にありがとう。
    みんなと会えてよかった。さようなら」というツイートを行った。音声は「みんな本当にありがとう。
    本当につらいことばかりだけど、前向きに頑張って欲しい。僕は犯罪者かもしれないけど、
    でも本を出せて1位になれたこと感謝してます」と語っている。

    2時35分には「こんなクソみたいな人生だったけど、ありがとう。さようなら。不器用でごめん。
    最高の世界」とツイート。これに心配した人が三崎さんのマンションまで行きLINEで部屋番号を教えてくれとリプライ。

    ここ最近有名人の悲しい事件が多くなってきているのでネタや冗談であってほしいが。

    https://gogotsu.com/archives/59386
    https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2020/09/aojiru.jpg
    https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2020/09/aojiru2.jpg
    https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2020/09/aojiru3.jpg
    これが原因?
    https://dotup.org/uploda/dotup.org2260306.jpg

    【青汁王子こと三崎優太が自殺をツイートを連投 「みんなと会えてよかった」「クソみたいな人生だった」】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/09/15(火) 23:17:48.43 ID:CAP_USER9
    7月18日に亡くなった俳優の三浦春馬さん(享年30)が出演し、女優・松岡茉優(25)が主演を務めるTBS系連続ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(火曜・後10時)が15日にスタートした。ツイッター上には放送開始後から多数の投稿があり、番組のハッシュタグ「#カネ恋」が1位になった。

     ツイッター上には「三浦春馬くんのドラマ、観たいのにどうしても見れない。でも、トレンド入りしている事がとても嬉しくも思う。だけど、それと同じくらいそれ以上に春馬くんを見てしまうと悲しみが増す。。トレンドの中の春馬くんの笑顔は本当に素敵だぁ…」などと偲ぶコメントが相次いだ。

     ほかにも「イチイチ笑顔が溢れすぎてる、なんで、いなくなっちゃったのよ?」、「春馬くんがテレビの中にいる。生きてる。動いてる。めちゃくちゃステキな笑顔じゃん。本当にいなくなったの?」というファンも。

     また「慶太くん、最高にはまり役。これは春馬くんしかいなかった、絶対に春馬くんしかいない。本当に放送していただいてありがとうございます。色んな事を忘れて最高に幸せな楽しい時間を過ごさせて貰っています」というつぶやきもあった。

     番組の公式ツイッターは「本日よりカネ恋の放送が始まります。放送に先立ちまして出演者の三浦春馬さんが7月18日、永眠されました。スタッフ一人ひとりにいつも気さくに話しかけてくれた愛くるしい笑顔、役柄を突き詰める真摯な姿勢、誰からも愛された春馬さんの人柄を偲び、謹んで哀悼の意を表します」と発信。放送では触れなかった。

     同ドラマは主演の松岡茉優(25)演じるシビアな金銭感覚を持つ九鬼玲子と三浦さん演じるお金にルーズな御曹司・猿渡慶太との「じれキュン」ラブコメディーで、三浦さんは亡くなる前日まで撮影に参加しており、代役を立てずに4話完結で放送する。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2b0281f7d999c5fdb1ee0827bfc65ab8df90fa4c
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20200915-09150071-sph-000-1-view.jpg

    関連
    【ドラマ】三浦春馬さん出演「カネ恋」とびきりの笑顔で登場、「もっとこの笑顔が見たかった」ネット悼む声相次ぐ #はと [ひかり★]
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1600175848/

    【【三浦春馬さん遺作ドラマ】「おカネの切れ目が恋のはじまり」ツイッターでトレンド1位に】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/25(火) 08:24:48.98 ID:CAP_USER9
    75回めを迎えた終戦の日、8月15日。かつて「戦争成金」といわれた実業家、故・横井英樹氏の「孫」を、こんな形で目撃するとはーー。

     この日、神奈川県・葉山の高級リゾートに、1組のカップルが滞在していた。女性は女優の西内まりやに似た、黒髪ロングのモデル風美女。男性は、ラッパーのZeebra(49)だ。

     この高級リゾートは、宿泊客は1日1組限定。ビーチにそのままアクセスでき、宿泊予約サイトでは、最低でも1泊約7万円の料金が提示されている。

    「ホテルニュージャパンの火災(1982年)で有名になった祖父の横井英樹氏のほか、義父に著名な建築家の坂倉竹之助を持つZeebraの一族には、莫大な資産があります。資産は弟が管理しているようですが、兄も財産の一部を譲り受け、お金はあるはずです」(音楽関係者)

    「ヒップホップ界のカリスマ」が、高級リゾートに宿泊するのは、おかしなことではない。しかし問題なのは、一緒に泊まった女性が、妻・中林美和(41)ではないことだ。

    「Zeebraは、2002年にモデルだった中林と結婚。彼には前妻との間に2人の息子がおり、中林はいきなり、2人の母親役を務めることになりました。その後、夫婦にはさらに2人の女の子が生まれました。そのうちの次女が、人気アイドルグループ『NiziU』のメンバーとして活躍する、リマです」(芸能記者)

     また2020年5月には、29歳の長男に子供が生まれ、「49歳にして孫ができた」と公表。「ジブじい」と呼ばれるなど話題になった。

     そんな順風満帆に見えるZeebraの家庭だが、過去には夫による「モラハラ」を、妻が告発する騒ぎが報じられたこともある。

    「2016年の『いい夫婦の日』である11月22日に、中林が夫への思いを、怒濤の勢いでツイッターにつづったのです。内容は、夫から彼女が受けてきた人格否定発言、威圧的な言動への不満でした」(同前)

     だいぶん前から、夫婦関係にはほころびが見えていたようだ。そして2020年、世間が夏休みを迎えるこの時期、Zeebraは家族ではなく、別の女性と過ごす時間を選んだ。2人は前日から宿泊しており、2泊3日で高級リゾート滞在を楽しんだことになる。

     8月16日の朝、チェックアウトした2人はリゾートの送迎車に乗り、逗子駅へ向かった。ZeebraはTシャツにキャップ、半ズボンにサンダルというラフなスタイル。女性は、夏らしいベアトップのワンピース姿だ。

     2人はいちゃつきながら、自動券売機で切符を購入。自動改札を抜け、JR湘南新宿ラインのグリーン車に乗り込んだ。これは、乗り換えなしで渋谷方面に向かうことができる路線だ。恵比寿駅に着いたところで、2人は下車。1時間弱の電車旅行だった。

     恵比寿駅のホームでも、女性の腰に手を回すなど、ラブラブぶりを発揮するZeebra。そして改札を出たところで、2人はがっつりハグをしたかと思うと、人目もはばからず、濃厚なキスをしたのである。その後、Zeebraと女性は別方向へ分かれ、それぞれ通りへ消えていった。

     一連の行動についてZeebraの所属事務所に問い合わせたところ、行動をともにした女性について「ただの友人です」とのみ回答した。

     娘のブレイクや孫の誕生など、最近は家族関係の話題が目立っていたZeebra。今回の件、せめて家族には説明責任を果たしてほしいものだが……。
     記事
    https://news.yahoo.co.jp/articles/20e60bb5e8a50c0c47a2390e19936cdfc529ebe0

    【【速報】ラッパーZeebra、娘が大ブレイクの陰で2泊3日「不倫リゾート」旅行】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/16(日) 09:43:14.82 ID:CAP_USER9
    キムラエイミ🕊 (@kimura_amy)さんが11:31 午前 on 土, 8月 08, 2020にツイートしました。
    実父から子への性虐待が多い理由に、男性が育児家事に主体的に取り組まないこの国の風土があると思う。パートナーのお腹に宿った命に喜び、無事に育つよう祈り、パートナーの体調に配慮し、やっと生まれた命。昼夜なく抱き、あやし、お腹を満たし、清潔にし、歌ってやり、何度も吐瀉物を浴び、排便の→
    https://twitter.com/kimura_amy/status/1291924859589505026?s=03

    世話をして大事に育てた子どもに性的ないたずらを出来るとしたら精神異常者。でも、日本の実父から子に対する
    性虐待は殆どそれが当てはまらないのではと思っている。中出ししたらいつの間にか妊娠し、いつの間にか生まれ、
    「辛いとか責められて面倒」と家にいる時間をなるべく少なくし、子に関わる→
    時間も持つことなくいたら、いつの間にか子が育っていた。同じ家の中にいても突然現れた他人であり肉体なんだと思う。
    手ずから育てたものを痛めつけられる人間は少ない。だが急に立ち現れた弱者に対しては、罪悪感を抱きにくいのでは。
    だっていつの間にかいたんだもん。反吐が出る。
    偏見があることを承知で言うが、男親の「子の成長はあっという間」という言葉は、育児に関わっていない人間の言葉にも聞こえる。
    24時間365日幼い命を想っていれば、1日も1ヶ月も1年も、とても長く感じるものだから。
    【補足】コメントが増えて来たので補足すると、私は父親からも母親からも暴力に合いながら育って来た人間です。
    父親については人権意識の欠如から、母親については父からの経済的DV+身体的DVが子に連鎖する形で、
    の暴力だったと思う。あくまで今回は実父→子への性加害をミニ考察した形。→
    男親が子の人権を尊び、育児にコミットしているケースも勿論沢山見知っているし、日本中全ての男親が育児せず性加害するとも
    言っていない。日々子を慈しみ育てる世の全ての親に敬意を表すとともに、子を虐待する全ての親が地獄に落ちることを祈念します。


    キムラエイミ🕊 (@kimura_amy)さんが10:59 午前 on 日, 8月 09, 2020にツイートしました。
    私の属性、「比較的若い女で混血でシングルマザーでパートナー持ちで共産党員」って、レイシストやセクシストの格好の標的なんだな。幸い学があって良かったわ。これからも牙研ぐわ。
    https://twitter.com/kimura_amy/status/1292279181682724864?s=03
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【話題】Twitter実父から子への性虐待が多い理由に、男性が育児家事に取り組まないこの国の風土があると思う→在日で共産党員でした】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/08/15(土) 17:29:04.01

    【【悲報】※画像あり STU48中村舞ちゃん、私服を「体操服みたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ