スイス

    1: 速報ちゃん♪ 2020/10/04(日) 16:22:29.70 ID:ksEnyY2k9
    【10月4日 AFP】イエネコにとって魅力的すぎるため、スイスのヤマネコが絶滅の危機にひんしているとの研究結果が9月29日、発表された。

     イエネコは捕食者として、すでに複数の種を絶滅に追い込んでいる。一方、スイスのヤマネコは、その強力なセックスアピールがイエネコを魅了してしまうことが絶滅の理由となる可能性があると、研究者らは警告している。

     研究は、スイス・ジュネーブ大学(University of Geneva)の生物学者らが、スイス・チューリヒ大学(Zurich University)、英オックスフォード大学(University of Oxford)と共同で実施したもので、ヤマネコとイエネコの交配について調べた結果、スイスのヤマネコが危機的状況にあることが分かった。

     ジュネーブ大学は9月29日の発表で、「さまざまなシナリオを検証した結果、進化においては短期間とされる今後200~300年の間に、雑種形成による不可逆的な遺伝子置換が発生するだろう」と述べた。

     さらに近い将来、スコットランドとハンガリーで実際起こっているように、ヤマネコとイエネコの見分けがつかなくなる可能性があると警鐘を鳴らしている。

     学術誌「エボリューショナリー・アプリケーションズ(Evolutionary Applications)」に掲載された研究結果によると、ヤマネコとイエネコは異なる亜種ではあるものの、繁殖力のある交配種を生むことができる。

     研究者らは「交雑の機会を大幅に減らす」必要性を強調し、森林と接する地域のすべての雌のイエネコに不妊手術を施すよう促している。

     イエネコの雌にとって、イエネコの雄よりもヤマネコの雄の方が交尾相手として魅力的であることから、イエネコの雌に焦点を当てる必要があると研究者らは述べている。

     研究の共同執筆者は、「二種間の交尾をやめさせることが、野生種保護の唯一の方法だ」と指摘した。(c)

    no title

    no title


    2020年10月4日 0:00 
    https://www.afpbb.com/articles/-/3307689

    【【研究】スイスのヤマネコ、「セクシーすぎて」絶滅の危機 [ばーど★]】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/10/04(日) 17:45:09.51 ID:AgSY7Tzk9
    (CNN) スイスのジュネーブ州は4日までに、同州の最低賃金を時給23スイスフラン(約2622円)に新たに設定する是非を問う住民投票を実施し、58%が支持して導入を決めた。世界最高水準の最低賃金額とみられる。

    州内の労働者の約6%に今年11月1日以降、適用される。月間の収入額は、週間41時間の労働で4000スイスフラン(約45万6000円)をわずかに超える見通し。

    各種の労組は新たな賃金水準に賛成し、貧困との闘い、社会融合の助長や人間の尊厳への敬意に寄与すると強調。労組の統括団体は女性が3分の2を占める3万人の労働者が直接恩恵を受ける歴史的な勝利とたたえた。

    同州と隣国フランスの間を通勤で通う労働者連盟の代表は英紙ガーディアンの取材に、新型コロナウイルスの感染拡大でスイスの住民の一部はジュネーブ州で生活出来なかったと指摘。新たな最低賃金は貧困ライン以下の生活を防ぐ最低限の水準とし、非常に困難な状況に直面し続けることに変わりはないとも述べた。

    同州の行政執行部は新たな最低賃金は世界で最高水準になるだろうとして反対意見を表明していた。

    スイスには全国に適用される最低賃金の関連法はない。全国26州のうちジュネーブ州は最低賃金を最近投票で決めた4つ目の州となった。

    直接民主制を導入するスイスでは国民が年に4度、制度改正などの権利を行使出来る機会を持つ。一定の署名数を集めれば国民の発案として制度改正などを問う投票につながる。

    ジュネーブ州では過去に2度、義務的な最低賃金水準が住民に提案されたがいずれも否決されていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/09fba877f52e9ae8feaee004b47615a2c835681d

    【最低賃金が時給2600円、世界最高水準か スイス・ジュネーブ州】の続きを読む

    このページのトップヘ