秘話

    1: 速報ちゃん♪ 2020/07/23(木) 23:45:51.16 ID:CAP_USER9
    1997年から「週刊少年ジャンプ」で連載を開始し、コミックスの累計発行部数は前人未到の4億7000万部超を売り上げ、TVアニメは今年21年目を迎える。
    ハリウッド実写化も発表され、今だ人気が衰えない。

    今回は、歴史を塗り替え続ける『ワンピース』の“進化点”を、5つのパートで紹介する。
    20余年にわたる歩みの中で、本作がどのようにギアを上げ、読者&視聴者の心をとらえて離さないのか。改めて考えてみたい。


    1.【物語】自ら立てた法則を打ち破った「シャボンディ諸島」編
    『ワンピース』の構造が秀逸なのは、「主人公が新しい島に行く→住民たちの哀しい過去に触れる→敵とのバトルの末、解決する」という物語の流れがはっきりしていること。
    「バトル」に「ドラマ」を絡めつつ、決まった法則を作ることで受け取り手にわかりやすく提示している。その過程で仲間に出会い、チームが強化されていくという流れも興味深い。

    同時に、島ごとに世界観を明確に分けることで、読者を飽きさせないような工夫も凝らしている。
    アラバスタ→砂漠、ウォーターセブン→水上都市、スリラーバーク→お化け屋敷……といった具合に。多彩なキャラクターに焦点が当たりがちだが、彼らが躍動する「場」の構築も実に巧みだ。

    しかしこの流れが、あるタイミングで破壊される。
    それが「シャボンディ諸島」編。ルフィたちは海軍本部大将・黄猿や人間兵器パシフィスタの前に完全敗北し、その場に居合わせた王下七武海のくまによって別々の島に飛ばされる。そして各々の修業編→2年後の再会へとつながるのだ。

    その後は従来の「主人公が新しい島に行く→住民たちの哀しい過去に触れる→敵とのバトルの末、解決する」の流れに戻るが、間に一度「スクラップ&ビルド」を挟むことで鮮度を保つ手腕は、なかなか他の作品ではお目にかかれない妙手といえよう。

    2.【バトル】強さのインフレに対する回避策――「敗北」の描写
    バトルマンガが陥りやすいのは、俗にいう「強さのインフレ」。主人公が強くなる→敵も強大に、という一辺倒になってしまい、読者が飽きてしまうのだ。
    しかし『ワンピース』においては、その対抗策として「敗北」や「弱さ」を初期から入念に編み込んでいる。
    まずは、ルフィたち「悪魔の実」の能力者が「泳げない」という弱点を有していること。
    そしてルフィが最強ではないこと。

    「アーロンパーク」編では、ルフィが「おれは助けてもらわねェと生きていけねェ自信がある!!!」と叫ぶが、周囲の人間のサポートがあってこそ勝てる=人を味方につける“強さ”を描いているのだ(ルフィはこれまでのシリーズで何度も食中毒で死にかけており、そのたびに仲間や友人に救われている)。

    バトルにおいても、ルフィはかなりの確率で敗北を喫する。象徴的なのは、宿敵クロコダイルとのバトルだろうか。一戦目は串刺しにされ、二戦目は干からびさせられ、三戦目でようやく勝利を収める。
    「強さの序列」を手を抜かずに描いているため、アクションマンガでよくある「バトルシーンの“主人公補正”」感を抱くことがなく、冷めない。


    長いので続きはソースで
    yahooニュース(アニメ!アニメ!) 7/22(水) 7:10配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/98559130f4c29a1b6aa313f4e98d5db617a59751

    【【秘話】「ワンピース」はどう進化してきたのか? 20年超えても読者の心をつかみ続ける“5つのポイント”】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/07/23(木) 16:30:05.75 ID:CAP_USER9
    https://www.news-postseven.com/archives/20200723_1579204.html?DETAIL

     今や毎日のように見かけるお笑いタレントでYouTuberのフワちゃん(26)。今年上半期は100本以上のテレビに出演し、女性向けニュースサイト『モデルプレス』が実施した「2020年上半期 最も活躍した芸能人」のアンケートでは2位、トレンドメディア『ORICON NEWS』が発表した「2020年上半期 ブレイク芸人ランキング」では4位を獲得した。彼女の快進撃はお笑いの世界そのものを揺さぶることにもなりそうだ。
    中略
     一方、同番組では小学生時代にアメリカ・ロサンゼルスで暮らした際のエピソードも披露。帰国子女のバイリンガルでもあるフワちゃんの英語力にも注目が集まった。さらに大学時代には文学部で中国哲学を学んでいたという、破天荒なキャラクターからは想像できない意外な経歴も明かされている。

    フワちゃんはもともと大学在学中にタレント養成所のワタナベコメディスクールに入学し、同期生とコンビを結成して芸人としての道を歩み始めていった。スクール卒業後はワタナベエンターテインメントに所属して活動するものの、コンビ解散後に事務所との折り合いがつかず2017年からはフリーで活動するようになる。

     ピン芸人になって以降、『R-1ぐらんぷり』や『女芸人No.1決定戦 THE W』といった賞レースに挑戦するものの、なかなか成果を出せずにいた。

     そんな彼女の転機となったのが、2018年に開設したYouTubeの個人チャンネル『フワちゃんTV /FUWACHAN TV』だった。奔放に街中を駆け回る彼女のキャラクターと、原色を駆使した派手なコラージュ映像が見事にマッチしており、ジワジワと熱狂的なファンを獲得していった。

     バラエティ番組や賞レースをきっかけに芸人の世界に活躍の場を見つけるのではなく、YouTubeを主戦場にテレビや雑誌に進出していった彼女の活動は、お笑いの世界に新風を巻き起こしていると言うことができるだろう。お笑い評論家のラリー遠田氏はその強みを次のように語る。

    「フワちゃんの強みは『YouTuber』と『芸人』という2つの肩書のいいとこ取りをしているところです。テレビの収録では自撮り棒で写真を撮ったり、目上のタレントにも馴れ馴れしい口調で話しかけたりしていますが、上下関係の厳しいお笑いの世界でこれを真似できる人はほかにいません。YouTuberだからこそ、そういう勝手な振る舞いが許されているのです」

    もちろん、テレビに出演した経験があるYouTuberはフワちゃんの他にも数多く存在する。しかし彼女はもともとタレント養成所でお笑いを学んだ芸人でもあり、この点が他のYouTuberとは一線を画したユニークな強みになっている。

    「彼女には芸人という肩書もあるため、ほかの若手芸人と横並びでひな壇に座ることもできるし、意外と空気が読める一面もあります。そういうところも起用する側にしてみれば使い勝手がいいのでしょう。特に、コロナ禍の中でリモート収録が増えてからは、1人でカメラや撮影機材を使いこなし、しっかりした撮影や収録ができるフワちゃんは、制作スタッフの手がかからないのでますます重宝されています。今後もしばらく仕事が絶えることはなさそうです」(ラリー遠田氏)

     今年は新型コロナウイルスの影響により従来と同じようなテレビ収録が難しい状況が続いているものの、この災難もフワちゃんにとってはYouTuberとしての強みを発揮する機会となったようだ。YouTuber芸人としてお笑いの世界に新たな流れを持ち込んだ彼女の活躍は、テレビを主軸とした業界の常識を塗り替えていくことになるのかもしれない。

    https://www.news-postseven.com/uploads/2020/07/17/fuwachan_youtube.jpg

    全文はソースをご覧ください

    【【秘話】Youtuberフワちゃん、なぜ大ブレイク真相。。。】の続きを読む

    1: 速報ちゃん♪ 2020/07/21(火) 11:41:50.61 ID:CAP_USER9
    https://realsound.jp/book/2020/07/post-588634.html

    井上雄彦の『SLAM DUNK』は、『週刊少年ジャンプ』の1990年42号から1996年27号まで連載された、バスケットボール漫画の金字塔である。単行本の国内累計発行部数は1億2000万部以上といわれるこの怪物的ヒット作について、いまさらどんな内容かを説明する必要もないと思うが、念のために書いておくと、湘北高校に入学した不良少年の桜木花道が、ひょんなことからバスケットボール部に入部することになり、そこで才能を開花させていくある種のビルドゥングスロマン(成長物語)の傑作だ。

    連載終了からおよそ四半世紀。いまなお、バスケットボール漫画といえば、この『SLAM DUNK』のタイトルを思い浮べる人も多いと思うが、なにゆえ同作はそこまでの絶対的な存在たりえたのか。それを本稿では考察してみたいと思う。

    まず、考えられるのは、キャラが立っている、絵が良い、物語がよく練られている、ということだが、その条件を満たしている漫画なら他にもたくさんあるだろう。「友情・努力・勝利」という『少年ジャンプ』のヒットの法則(3大原則)を取り入れている点についても同様だ。漫画表現的には、例えば最終巻の湘北高校対山王工業戦における、セリフやナレーションを一切排除して絵だけで見せていく描写などはたしかに圧巻だが、その種の表現もそれまでのスポーツ漫画でまったくなかったわけではない(例えば、『がんばれ元気』の堀口元気対関拳児戦の描写などが、20 ページに渡りサイレントの表現で描かれている)。

    また、三井寿の「バスケがしたいです……」から、桜木花道の「左手はそえるだけ」にいたるまで、さまざまな名ゼリフが心に残る作品でもあるが、それゆえにヒットしたのかと問われたら、それだけではあるまい、と答えるほかない。さらには、アニメ化で広く世に知られるようになったから売れた、という人もいるかもしれないが、そもそも原作がそれなりにヒットしていたからアニメになったわけであり、それ(=アニメ化)はあくまでも「より多く売れた要因のひとつ」程度に考えていたほうがいいと思う。

    ■「バスケットボールはこの世界では一つのタブーとされている」
    では、なにゆえ『SLAM DUNK』は、バスケットボール漫画を象徴するような絶対的な存在になりえたのか。それは、(文字に書いてしまえば当たり前のことのように思われるかもしれないが)同作以前にバスケットボールを題材にした漫画のヒット作がほとんどなかったためだと思われる。異論のある方もおられるかもしれないが、個人的には、『SLAM DUNK』以前のバスケットボール漫画のヒット作といえば、六田登の『ダッシュ勝平』くらいしか思いつかないのだが、こちらはどちらかといえばコメディ色の強い作品であり、あまり比較の対象にはならないだろう(ただし『ダッシュ勝平』は、最終章でいきなりシリアスな展開を見せるのだが)。

    井上雄彦自身も、単行本の最終巻の「あとがき」でこんなことを書いている。

    確かに連載開始当時はバスケットボール漫画は数えるほどしかなかったし、日本ではまだメジャーとはいいがたいスポーツでした。連載前のネーム(ちゃんとした絵を入れる前の絵コンテ)を作ってるときも編集者から「バスケットボールはこの世界では一つのタブーとされている。」と何度か聞かされました。コケるのを覚悟しろという意味です。(たぶん)
    それでもバスケットボール漫画を描くということは、少なくとも自分にとってはごく自然なことでした。『SLAM DUNK』31巻(集英社/ジャンプ・コミックス版)より

    つまり、井上が新連載を始めるにあたり、狙いを定めたのがほとんど誰も手をつけていない「穴場」的なジャンル――さらにいえば、彼にとって情熱を注ぐことのできるマイナーな題材だったからこそ、結果的にまだ誰も見たことのない「新しいジャンルの漫画」を開拓できた(そして、その「新しさ」がヒットにつながった)のだとは考えられないだろうか。

     これは、同じような条件下で始まった高橋陽一の『キャプテン翼』が、後にサッ
    続きはソースをご覧下さい

    【【秘話】秘話が公開『SLAM DUNK』は“漫画のタブー”に挑んだ作品だった? 秘話が公開】の続きを読む

    このページのトップヘ